天然

安価なプロポリスの正体は

「安価なプロポリスの正体は」

プロポリス商品を扱っているメーカーも沢山ありますが、中には驚くほど価格に差が出ることもあります。
一般的なイメージとしては、高品質なほど価格も高く、安いほど質が劣ると考えますね。
しかしあまりにも差があるプロポリスの場合は、これに当てはまるのでしょうか?

結論から言えば、やはり安かろう悪かろうという部分は否めません。
原料には高品質のものを採用していても、それをほかの成分で薄めて使用したり、お茶で言うところの出がらしを使っている場合もあります。
確かにプロポリスには変わりありませんが、カスのようなものを使用しているので、効果はほとんど期待できないでしょう。

しかし価格が安いからと言って、すべてのプロポリスが粗悪品だということではありません。
一応ブラジル産のユーカリやアレクリン由来のプロポリスが、最高級品だと言われています。
プロポリスはミツバチが作り出すものなので、世界中に生息しているミツバチの中にもプロポリスを作っている種は沢山います。
しかし生息地の違いは、プロポリスの材料となる樹木や植物の違いということでもあります。

扱う側に取っても、利用する側にとっても高品質であることは、とてもいいことですが簡単に入手できないという問題もあります。
特に大手メーカーともなれば、一度に生産する量も販売する量もかなりの量になるので、原料となるプロポリスも沢山必要になります。
しかし原料を調達するのにコストがかかってしまえば、価格にも影響してくるので、大量に生産しても必ず売れるとは限りません。
やはり最低限のラインというものがあるので、この場合は原料の質を少し落とさなければいけませんね。

しかし大手のメーカーということで、粗悪品を扱うわけにはいきません。
そこで最高級ではなく、中位のランクのものを選ぶのです。
決して粗悪品ではないので、プロポリス商品としてもそれなりの品質のものができます。
しかし大量生産して、大量に販売するのも目的なので、価格も少し低めに設定しなければいけません。

安いからといって粗悪品とは限らないので、メーカーや生産方法等もチェックポイントにしておきましょう。
プロポリス選びのポイントはこちらhttp://www.local88.ws/no1.html
Copyright(c) 2011 brazilkoukin All Rights Reserved.