天然

プロポリスの歴史

「プロポリスの歴史」

プロポリスの歴史については諸説ありますが、残っている限りでは紀元前数百年前に既に、プロポリスを薬として使用していた記録もあります。
11世紀以降は記録も徐々に増え始め、世界中で病気の治療や、鎮痛剤代わりに使用された記録が残っています。
しかし日本に生息している、日本在来種のミツバチは巣をあまり大切にしない習性があるため、プロポリスが存在していないものばかりです。
プロポリスを作り出すのは、西洋ミツバチです。
西洋ミツバチは巣を大切にし、長く住むのでプロポリスは欠かせないものになります。

このことから日本では、あまりプロポリスに対して注目されていなかったのも事実です。
日本でプロポリスが注目されるようになったのは、1985年になってからのことです。
こうして見ると日本は少し遅れを取った形になっていますね。

しかし今では、プロポリスといえば美容と健康維持を意識している人はもちろんですが、医療分野でも注目され始めています。
紀元前からという古い歴史を持つプロポリスですが、作り出すのはミツバチです。
その製法は太古の昔から変わることなく、ミツバチたちに受け継がれています。
昔は民間薬として様々な病気の治療に使われていましたが、これは現在も同じですね。
薬として使われる場合も、天然由来の成分からできているので副作用http://www.sawikaan.net/fuku.htmlの心配もありません。
薬といっても実際に毎日の生活に取り入れるときには、サプリメントになるのでここは安心ですね。

プロポリスの形状もいろいろあります。
液体、錠剤、カプセル、粉末などいろんなタイプがあるので、自分にむいていると思う形状のものを選ぶといいでしょう。
サプリメントとして服用する場合には、プロポリスと相性の良いビタミンCを一緒に摂取するなど工夫してみましょう。
こうすることで吸収率も高まるので、効率よくプロポリスに含まれる様々な美容成分や健康維持に欠かせない成分を吸収できます。
殺菌作用の高いプロポリスの液体を、歯磨きの時に歯ブラシに付けて歯を磨くと、歯周病にも対応出来ることが確認されています。
日本でのプロポリスの歴史は浅いものの、今では生活にかなり馴染んできています。
また、イソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.net/body.htmlもいま大人気です。イソフラボンは一度は聞いたことがあると思います。是非効果効能について調べてみましょう。
Copyright(c) 2011 brazilkoukin All Rights Reserved.