天然

プロポリスの濃度

「プロポリスの濃度」

プロポリスの品質を見極める基準に、濃度を比較する方法があります。
いくつかの方法がありますが、一般的には主に2つの方法で濃度を測っています。

よく果物の糖度を測るときに使われている、Brixという道具がありますが、プロポリスの濃度を測るときもこのBrixを使うことができます。
原産国や原料など、プロポリスにも違いがあるので当然濃度も糖度も変わってきます。
見極める基準としては、50%以上がいいとされていますが、蜜ロウが多く含まれるものは糖度が高くなるので、この測定方法だけで濃度を見極めるのは難しくなります。

もうひとつの方法として、固形分を測定する方法があります。
プロポリスを商品化すると気には、溶媒にアルコールを使って抽出する方法があります。
抽出したものの中から、アルコールなどの水分を除去し、固形だけの量を測定します。
抽出方法によっては、蜜ロウを除去できない場合もあるので、こうなるとどうしても濃度は濃い目になりますが、しっかりと除去されていれば、Brixよりも正確に
プロポリスの濃度を測ることができます。

このようにそれぞれの計測方法にも、デメリットになってしまう部分があるのでどちらか一方だけで計測するのではなく、両方の方法で計測した結果の方がより正確な結果になります。
固形分を計測するときに使用する、フィルターの種類によっても正確度は変わってきます。
より目の細かいフィルターは、特殊なフィルターになるのでコストがかかりますが、正確な数値を計測できるメリットがあります。

しかしプロポリスの質を見極める基準は、濃度だけではないのであくまでもチェック項目のひとつということになります。
濃度が高いからといって中には蜜ロウなどが含まれていることもあるので、必ずしも高濃度=高品質ということにはなりません。
高品質と言われているプロポリスは、濃度の高いhttp://www.chaddsfordpa.net/high.htmlものが多くなります。
より質の高いプロポリスを選びたい場合には、濃度も比較基準にしているといいですね。
Copyright(c) 2011 brazilkoukin All Rights Reserved.